釣り情報

串本カセ釣り 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!

串本カセ釣り 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!

和歌山県の串本は本州最南端の場所です。海岸線は入り組んだ複数の入り江になっているのが特徴で、入り江には多数の川からの水が流れ込みます。川からの流れが多く在るため、プランクトンも豊富で小魚がプランクトンを捕食し、大型の魚が小魚を捕食すると言った生態系になっているエリアです。また、入り江は波が穏やかな事からも、カセと呼ばれる小船を利用したカセ釣りのポイントでもあり、串本の海釣りの中でも人気が高くなっています。

串本の釣りの一つカセ釣りは初心者は経験者と一緒に

和歌山県の串本は、カセ釣りが盛んに行われているエリアです。カセと言うのは小船で、カセ船を利用した釣りになります。このエリアは大小様々な入り江が作られている環境が在り、入り江には複数の川からの流れが在ります。川からの流れは魚にとって栄養を与えてくれるものであり、プランクトンが多く生息する事からも大型の魚も多いエリアになっています。尚、カセは入り江などの湾内に固定された小船を利用する方法と、船宿の船頭さんが小船を釣り船などで引っ張り、釣り場まで連れて行ってくれる2通りの方法が在り、どちらも大型の魚を釣ることが出来る魅力を持ちます。

カセ船を利用した釣りを初心者が行う場合は、経験を持つ人と一緒に出掛ける事が大切です。串本では船宿の船頭さんが小船を引っ張って釣り場まで案内をしてくれますが、釣り場に到着していかりを降ろすと同時に船頭さんは港に帰港してしまいます。但し、時間が来ると再び船で迎えに来てくれるのですが、その間一人で釣りをすることになるので経験を持つ人と一緒に行うのが安心です。

串本のカセ釣りがおすすめの理由について

和歌山県の串本は大阪の天王寺から特急を利用して約3時間の場所に在ります。本州の最南端でもあり温暖な気候の場所に位置しています。尚、このエリアの地形と言うのは入り組んだ入り江が複数ある事、そして入り江部分には川の流れ込みがあり、魚の活性が高い海域になっています。入り江の中は外海が荒れていても穏やかなので小船を利用したカセ釣りが人気です。湾内に固定された小船を利用して釣りを行う方法と、魚が生息するポイントに船頭さんが小船を引っ張って連れて行ってくれると言った方法が在り、どちらの場合も魚が多くいる場所での釣りを楽しめるのでおすすめです。

カセ船は1人乗り用のものから2~3人用などの小さな船です。カセ船の真下には真鯛、ヒラメ、ハマチ、メジロ、イシダイ、チヌ、グレ、シマアジと言った魚が生息するポイントになっています。尚、季節により釣れる魚は異なるのが特徴ですが、真鯛などは80~90㎝、チヌは60㎝、グレは50㎝、そしてヒラメは80㎝を越える大型の魚が釣れることも在ります。

串本のカセ釣りの人気の秘密について

人気の秘密は魚が濃い事、大型の魚を釣ることが出来る事などが挙げられます。また、カセ船によってはトイレが設置されているものもあるので、女性などにも人気が在ります尚、串本にはカセ組合が在り、毎年真鯛の稚魚を放流しており、釣りを楽しみに来た人々の期待に応えられるように魚の確保を行っています。また、このエリアの海域は川からの栄養を供給すると言った自然環境が在り、様々な魚を釣ることが出来るなどの理由からも人気が高くなっています。尚、釣れる魚は季節により異なりますが、種類が豊富な事も人気の秘密の一つになっています。

カセ釣り周りにいる他の釣り人などに気を使う事無く、家族連れやグループなどだけで釣りを楽しむ事が出来るメリットを持ちます。また、串本のカセ船の中にはトイレが設置されているタイプも在り、女性にも人気が在りますし、魚は季節により釣れるものが異なりますが、大型の真鯛やチヌ、グレ、サバ、アジ、イトヨリと言った魚を釣ることが出来るなどの理由からも人気が高くなっているのです。

串本のカセ釣りのポイントについて

家族連れや女性が含まれるグループなどで釣りを楽しむ場合のポイントはトイレの有無です。串本のカセ船の中にはトイレが設置されているタイプも在るので安心です。尚、カセ船に乗り込むと終了時間まで釣りを楽しむ事が出来ますが、途中で釣り餌が無くなってしまうと釣りを楽しめなくなるので予め釣り餌の準備をしておくことがポイントになります。また、釣り餌だけではなく氷の準備も必要で、釣り餌や氷などは多めに持って行くのがポイントです。因みに、乗船する場合は、ライフジャケットの着用が義務付けられているので、持参していない人などは船宿で借りる事が大切です。

カセ船を利用した釣りは、湾内の波の穏やかな場所での船釣りを楽しめると言った魅力が在り、真鯛、グレ、チヌ、ヒラメ、シマアジ、ハマチ、メジロなど季節に応じて色々な魚を釣ることが出来るので人気が在ります。また、釣りをする中でライフジャケットの着用は必須で、釣り餌の準備も行っておくことがポイントです。尚、串本のカセ釣りに利用する船の中にはトイレが付いているタイプも在るので事前に確認をしておくと安心です。

串本のカセ釣りのコツについて

釣り場の真下には真鯛やチヌ、グレなどの魚が生息しており、オキアミを撒きエサとして利用し、サシ餌をハリに付けての釣りになります。尚、オキアミは3キロ入りのものが2個以上、サシ餌は1.5kg入りのものが在ると途中で不足せずに釣りを楽しめるとも言われています。また、対象魚により仕掛けやタックルが異なりますので、予めどのような魚が釣れているのかと言った事を船宿に直接電話をして問い合わせて行ったり、船宿のホームページに掲載されている釣果情報などを調べておくのがコツです。尚、釣りを楽しめる時間は船宿により異なりますので、これについても予め問合せをしておくと安心です。

釣り餌が足りなくなってしまうと、そこで釣りをすることが出来なくなります。堤防などでの釣りの場合は、エサが無くなる事で釣りの終了、もしくは近くにある釣り道具店で購入も出来ますが、カセ船は船頭さんもいないのでエサが無くなれば釣りが出来なくなります。そのため、オキアミやサシ餌などは多めに用意しておくのがコツです。

まとめ

本州の最南端に位置する串本は入り江が多く在るエリアで、湾内などでのカセ釣りに人気が集まっています。カセと言う小船を利用したカセ釣りは、船の真下が魚のポイントであり、そこでは真鯛ヒラメ、チヌ、グレ、メジロ、イシダイ、サバ、アジ、イトヨリ、シマアジ、イカなど様々な魚を釣ることが出来ます。また、カセ船の中にはトイレが設置されているものもあるので、家族連れにも好評です。尚、カセ船に乗る時にはライフジャケットの着用が大切で、準備が出来ない人は船宿で貸して貰う事が出来ます。また、釣り餌や氷などは途中で無くならないように多めに用意しておくのがコツです。