釣り情報

酒田釣り船龍神 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!



酒田釣り船龍神 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!
酒田釣り船龍神 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!

酒田の釣り船龍神は定員が12名と小型船の多い酒田の釣り船の中では比較的大きな船です。春のマダイから冬のマダラまで四季を通じて飛島周りから近海、そして夜釣りと様々な場面で多彩な魚を追い、その実績も確かで特にマダイ釣りに定評があります。また昔ながらの釣り方をする事の多い酒田の釣り船の中にあって、龍神では昔ながらの釣りに加え、ジギングやカゴ釣りなど、あまりこの地方に馴染みの無い釣りにも取り組んでいます。

初心者には敷居が高い?

龍神のようにベテランの船長のもとにはお客さんも割とベテランの方が揃います。それを初心者だからと敷居を高く考えるのは間違いで、初心者こそこうしたベテラン揃いの船を選ぶことをおすすめします。最初に自分が初心者である事を伝えておけば船長はもちろん、他のお客さんもあれこれ面倒を見てくれます。最初のうちは色々とミスする事など当たり前な事ですし、船上では分からない事だらけです。そうした場合に周りにベテランの方が揃っているというのは非常に心強いものですし、もしちょっと迷惑をかけたと思った場合は一言謝れば済むことです。

龍神を初心者におすすめする理由としてもう一つあります。それは初心者にも一定の釣果が期待出来るという事です。釣りは結局は釣らない事には経験にならず上達しませんので、多く釣れるという事はそれだけ経験値が多く得られ、上達も早いというわけです。釣りはどんな釣りであろうと見て覚えるのでは無く、やって覚えるものなのです。

酒田でのマダイ狙いにおすすめ

龍神は酒田の釣り船の中でもマダイの実績が高いです。ですので酒田でマダイを狙う場合はおすすめの釣り船となります。元来酒田では夏の風物詩とも言われる程ハナダイ釣りは盛んですが、マダイを専門に狙って出船する釣り船は、乗り合いではあまりありません。その中でマダイを専門に狙う事が多く実績もある龍神は魅力的であり、おすすめ出来ます。もちろん釣果はその日によって違いますし、釣り人個人の技量も左右しますが、船全体での平均的な釣果は安定していますので船長の操船技術とポイント選びは確かなものがあると言えるでしょう。

酒田沖で従来盛んな釣りは春から夏のソイ釣り、メバル釣り、夏から晩秋にかけてのヒラメ釣り、電気釣り(夜釣り)、ハナダイ釣りなどで、マダイはあくまでそれらの釣りのうれしい外道という場合が多いです。そんな中で最近は増えつつあるといってもまだ数は少ないマダイを専門に狙うというだけでもファンにはうれしいものです。

釣り船龍神、人気の理由

龍神の人気の理由はその釣りの幅広さと実績にあります。マダイ狙いでの実績が高いのは前述しましたが、人気の理由はもちろんそれだけではありません。飛島沖でのメバル釣りやタラ釣り、夜釣り五目などその他のメジャーな釣りでも乗船した釣り人を満足させるだけの確かな実績を残しており、さらには高級魚として知られるアカムツ(ノドグロ)釣りなど新たな分野にも取り組んでおり、それぞれ実績も残しています。そういう確かな実績が「この船に乗れば良い釣りが出来る」という事になり、多くの釣り人からの信頼を受け、人気となったのでしょう。

釣り船の人気と信頼は船長の人柄と実績で全てが決まると言っても過言ではありません。高い料金を払って半日近く乗船するのですから、釣り人はわりとシビアな目でそれを見ています。ただ多く釣れるというだけでは無く楽しく釣れなければいけないわけで、それは高いハードルですがその条件を満たしているからこその人気です。

釣行の際の道具選びのポイントは

釣り船龍神で釣行する際の釣竿などの道具は一般的に酒田沖で使われるものと同じで構いません。重り負荷50号3メートル前後の竿にPE5号200メートルほどのリールで問題は無いでしょう。ですが仕掛けだけは別です。様々な釣りをするのでセオリー通りの物を準備するだけでは無く、特に初めての場合などはきちんと事前に船長に確認して、しっかりと準備しましょう。ちょっと釣りのイメージが違った場合でも竿やリールは使い方次第でなんとかなりますが、仕掛けだけはそうはいきません。釣り道具で結局釣果に直結するのは仕掛けなのです。

釣り道具は竿やリールはその釣り場にあっていればそれで良いのですが、仕掛けだけはそうはいかず、また船長独自のこだわりもあります。何度も乗船していればおのずと分かりますが、初めての場合などはそうはいきません。しつこいくらいで丁度良いので自分が準備するべきものを船長に尋ねておき、しっかりと準備をして釣行に挑みましょう。

釣り船龍神で釣果をあげるコツ

釣り船龍神ではこれまで酒田ではあまり馴染みの無かった釣りをします。ですので慣れないうちはなかなかコツを掴めないかもしれませんが、そんな時頼りになるのが船長のアドバイスです。船長は釣り人に魚を釣らせるのが仕事ですし、その釣りに最も長けた大ベテランでもあります。そのポイントで狙う魚を数多く釣らせてきた実績とそれにともなう経験値は膨大なもので、その船長からのアドバイスは金言となります。釣れる釣れないにはそれなりに理由があるもので、そのアドバイスをしっかりと聞き実践することが釣果をあげるコツとなります。

その釣りに関してあの手この手の我流を試すのはよっぽど慣れてからで良いのです。船釣りでは「初心者の方が良く釣れる」と言われていますが、これは初心者は船長の言う事を良く聞いて実践するのに対し、ベテランになるとあまり言う事を聞かなくなるから、というところから生まれた言葉です。船長のアドバイスは船釣りにおいてそれ程大きいものなのです。

まとめ

酒田沖は元々魚影の濃い釣り場です。ですので特に釣り方やポイントを変えなくとも一定の釣果が期待出来る為、船釣りも昔ながらの釣り方を継承する少し保守的な面があります。そんな酒田において釣り船龍神はマダイのカゴ釣り、ビシマダイをはじめとし様々な魚を様々な釣り方で追い、ポイントの開拓にも余念が無い意欲的な釣り船です。実績が高いので船釣り初心者の方などには特におすすめ出来る釣り船であり、普段は沖でも釣果がなかなか伸びないという方にもおすすめです。釣り船龍神での釣りは酒田沖の釣りの魅力を更に高めてくれるでしょう。