釣り情報

アジ釣り時期福岡 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!

アジ釣り時期福岡 初心者におすすめやポイントとコツの情報をご紹介!

アジ釣りはサビキやかご釣り、最近はジグやソフトルアーを使った方法でアジを狙う人も増えていますが、釣れる時期と言うのは地域により様々です。一般的にアジは夏から秋にかけて多く釣れる魚ですが、南に行く事で釣れるタイミングは増えるのが特徴です。そのため、関東では釣れない時期でも、福岡県では1年を通して釣ることが出来ると言った特徴が在ります。但し、1年を通して釣れると言っても7月から10月にかけてアジ釣りの旬を迎え、12月から3月にかけては釣果が落ちるのが特徴です。

アジ釣り初心者は最盛期を狙おう

福岡県には足場良く安全な状態でアジ釣りを楽しむことが出来る防波堤が多数在りますが、アジは回遊をしている魚であることからも、昨日大量に釣れたからと言った今日も大量になるとは限りません。但し、マズメの時間帯はアジの群れが浅瀬にやってくるので、堤防などでのサビキ釣りやカゴ釣りで釣果を期待することが出来ますし、7月から10月は福岡県の中でのアジ釣りの最盛期となるので、初心者の人はこの時期の中でもマズメの時間帯を狙うのがコツでもあるのです。また、サビキ釣りは擬餌針とアミコマセを使った釣り方で、初心者やファミリーにも最適な釣り方です。

アジ釣りの最盛期は7月から10月にかけてとなりますが、この時期は福岡県の防波堤などで良く釣れるシーズンです。また、このエリアは1年を通して釣ることが出来るのですが、12月から3月の冬場は釣果は落ちます。しかし、関東などでは釣れない時期でも、数は少ないものの福岡県はアジを釣ることが出来ると言った特徴が在ります。

おすすめの福岡でのアジ釣り時期について

おすすめとなるのは最盛期となる7月から10月です。因みに、九州は北九州エリアと南九州エリアに分けることが出来るのですが、福岡県は北九州エリアに在る県で、南九州エリアの場合は7月が良く釣れますが、8月から9月は釣果が落ち、10月から12月にかけて釣れ出すと言った違いが在ります。そのため、関東から南に行けば良く釣れると言う事ではなく、日本の中では福岡県などの北九州エリアが1年を通して良く釣れる場所でもあるのです。因みに、釣れるサイズは様々ですが、豆アジなどは丸ごと唐揚げがおすすめですし、20㎝を超えたサイズは塩焼やアジのたたきなどがおすすめです。

福岡県は九州を北と南に分けた場合、北九州エリアになります。アジ釣りは関東から南に行くほど1年を通して良く釣れるのですが、北九州エリアは1年を通して良く釣れ、おすすめとなるのは7月から10月にかけての最盛期です。しかし、南九州エリアの場合は、7月は良く釣れるものの、8~9月は釣果が下がり、逆に10~12月にかけて釣れ始めると言う違いが在ります。

福岡県で人気のアジ釣り時期とは

人気が在るのは7月から10月のアジが活性化して群れをなしている時です。アジの群れは大きなものとなると数千匹と言われているのですが、防波堤などでの釣りはサビキを使う事でサビキ針に数匹がかかる事も珍しくありません。そのため、安全な場所を選べばファミリーでも楽しむことが出来る魚です。特に最盛期となる7月から10月のアジは大小様々なサイズが混ざるので、釣果だけではなくサイズも期待出来ますし、小アジ、豆アジは唐揚げにすれば骨まで食べる事が出来るので、カルシウムを補給するのにも最適な魚などの理由からも最盛期のアジ釣りは人気が高いのです。

福岡での釣りの中でも人気の高いアジ釣りは7月から10月にかけての最盛期で、アジを狙う人が防波堤などに集まり賑わいます。サビキを使う事で数本の針に数匹がかかることも珍しく無く、子供連れでアジを狙うファミリーも多くいます。また、小アジや豆アジは唐揚げにする事で骨まで食べる事が出来るので、カルシウムを補うのには最適な魚です。

福岡県でのアジ釣り時期のポイントについて

福岡県はアジは1年を通して釣ることが出来る場所です。4月から6月にかけて釣れ始め、7月から10月が最盛期で一年の中でも最も釣果を期待出来るシーズンです。11月に入ると、4月から6月にかけての釣果になり、12月に入ると釣果は更に落ちますが、それでも他のエリアでは釣れない時でもこのエリアでは釣れます。また、1月から3月の冬場は12月同様に釣果が落ちますが、大型サイズを釣ることが出来る乗合船も在ります。尚、アジは回遊している魚なので、潮周りなどを選んで釣りに出掛けるのがポイントで、満潮時が一番良く釣れると言った特徴が在ります。

回遊している魚であるため、最盛期でも釣れない時間帯は在ります。一般的に良く釣れるのはマズメの時間帯で、マズメと言うのは夜明け前、日没前後などの空が薄明るい時間帯を意味しており、朝は朝マズメ、夕方は夕マズメと言います。この時間帯は回遊してくるアジがエサを求めている時間帯でもあり、最盛期となる時期などでは日中よりも釣果が多くなります。

福岡県でのアジ釣り時期のコツについて

7月から10月のシーズンが良く釣れる時ですが、アジは回遊している魚であるため、群れが防波堤に近づいて来た時がチャンスです。群れがいなくなると急に釣れなくなりますが、それでも最盛期となる時は複数の群れが入れ替わり防波堤の近くに来るので釣れる時間帯も長くなるため釣果も期待が出来ます。また、朝マズメと夕マズメの時間帯はアジの活性が高くなる時間帯でもあり、最盛期の中でもマズメの時は大きな群れが何度も回るので釣果も期待出来るなど、最盛期の中でも時間帯を選ぶ事がアジ釣りのコツでもあるのです。尚、最盛期以外の時も、マズメの時間帯を狙う事でアジの活性が高くなるので釣果も期待出来ます。

良く釣れる時期は7月から10月、11月からは徐々に釣果が下がり4月頃から釣れ始めると言った特徴が在ります。尚、魚はマズメと言われる時間帯が一日の中で最も活性が高くなるのが特徴で、夜明け前、日没前後と言った空が薄明るい時間帯を狙う事で1年を通して釣ることが出来ます。また、最盛期の時は複数の群れが入れ代り防波堤の近くに来るのでこの時を狙うのがコツです。

まとめ

福岡県は北九州エリアに含まれる県ですが、北九州エリアは日本の中でも最も長くアジを釣ることが出来る時期が有る県です。関東や東海エリアなどでは6~7月、北九州エリアは7月から10月が最も釣れる時期で、関東や東海エリアでは11月から3月にかけては釣果もゼロに近いのに対し、北九州エリアにはおいては最盛期と比べると釣果は落ちるものの、釣れないと言う事は少ないのが特徴です。尚、アジと言うのは群れを作って回遊している魚なので、防波堤の近くに群れが来た時がチャンスです。また、アジの活性が高いマズメの時間帯を狙うのがコツで、最盛期の時ともなると多くの人がアジ釣りを楽しむため釣り場に訪れます。